collegio

『武蔵野』の古地図 その9

ところで『武蔵野地名考』とはどのようなものであったか。
国立国会図書館デジタルコレクションでは、「この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない」としてインターネット公開から除外している。
江戸期も文政年間以前の著作物であるから権利の保護期間にあるはずはないのだが、著者の没年が確認できないからという形式流儀の結果のようだ。
国立情報学研究所の書誌情報(CiNii)では、「武蔵野地名考/田沢, 義章 タザワ, ヨシアキ/書誌事項 武蔵野地名考 田澤義章著 [出版者不明], 享保21 [1736] 跋/タイトル読み ムサシノ チメイコウ/島根大学 附属図書館」としている。
日本の古本屋やAmazonの古書データでは1950年に旅の趣味会が出版したものが見つかるが、これは写真復刻か活字翻刻かのいずれかであろう。
実は有峰書店のシリーズ「江戸地誌叢書」の第4巻目(1976年刊)に『武蔵野地名考』が翻刻収録されているのであるが、書籍のタイトルに含まれないためダイレクトな検索ではヒットしにくいのである。
著者の田沢義章についてネットでは、他に享保20年(1735) 序の『一もとの日記』がみつかるばかりである。この「一もと」とは「紫の一本(ひともと)」で、古今和歌集の「紫の一本故に武蔵野の草は皆がらあはれとぞ見る」にちなむ「武蔵野日記」の意と思われるが、未見のためこれ以上触れない。
いずれにしても「武蔵野地名考」は『江戸地誌叢書巻四 四神地名録/四神社閣記』の299ページから313ページに見ることができるのである。

その書き出しは「武蔵野 古へは十郡に跨りて、西は秩父嶺、東は海、北は河越、南は向が岡、都築が原に至るとなむ、古文書にありて証すべし、百とせ計以来、民居村里になるといへども、むかしの秋のおもかげいまものこりて、平原はてしなく、まがきも野べも、秋はちぐさの花しげるがごとし、萩薄をみなへしの色もよにことなる、此野になぞへがたし、富士見塚といへるあり、高三丈ばかり、めぐり五十歩あまり、道路江府より府中の明神社地に至りて七里、中秋の比(ママ・引用者)府中の駅に宿りて二十四五町北にゆき、こゝにて月を見る、清明万里、又似る影もなし、ふじの山西南の表にのぞみ、筑波の山を東北のしりへにかへりみる、ふじのねをふりさけみれば、などよめる此わたりにや。」とし、末尾に「品題」として「霞 若菜 蕨 菫 雉子 雲雀 郭公 夕立 照射 荻 萩 薄 女郎花 葛 蘭 菊 月 紅葉 尾花 鹿 駒迎 霜 雪 若菜」を添える。
この四季順に羅列された「品題」とは、和歌の題詠や俳句の兼題・席題詠に対応する景物で、遊山吟行の「お題」である。

『武蔵野地名考』はこのあと玉河、調布、虎柏神社、総社府中六所明神、分倍、国分寺、関戸、恋ヶ窪、久米川、入間川、堀兼井、三芳野里、野火留、狭山、亜豆佐味社、阿伎留神社、高麗寺、向が岡、穴沢天神、都築原、杉山神社、迯水、立野、荒藺崎、小崎池、磐井神社、古河薬師、古呂久宮、埼玉津、霞関を列挙記事とするが、磐井神社や古河薬師は今の大田区の、霞関は千代田区の所在で、小崎池や埼玉津などは未詳とし、著作としては系統性に欠けかつ尻すぼみである。

武蔵野の記事の中「むかしの秋のおもかげ」をのこす「武蔵野」の中心に位置するように記述された「富士見塚」とは、『江戸名所図会』巻之三(天保5・1834)に「富士見塚 国分寺より西の方五町ばかりを隔つ。この所に登れば一瞬千里殊に奇観たり。東は浩茫として限りなく、天涯はるかに地に接するを見るのみ。中秋の夕月のあかきには、草より出でゝ草に入るの古詠に、古へを想ひやられて感情少からず。この故に幽人騒客こゝに来りて遊賞せり。(高さ三丈ばかり。めぐり五十歩あまりあり。)」と、100年後にも援用紹介された名所である。
これらの記述によれば「武蔵野」の「富士見塚」は、現国分寺市内を通る国分寺崖線の北で上位段丘面上に位置し、段丘崖と府中道に至近の場所に所在することになる。

その塚跡と目される盛土遺構が、JR中央線西国分寺駅近くに所在する。
「伝鎌倉街道」が国分寺崖線を直角に切り通したルートに接する東側高所、武蔵野線工事のため盛土の東側を削り取られた形でそれは残されている。
009.jpg

至近には国分寺市教育委員会の説明碑が発掘平面図および断面図付きで設置されている。
その全文は以下の通りである。

「塚/この塚(盛土遺構)の底面は1辺約22m、高さ約3mで、1辺約7mの平坦な頂部を有する方錐体と復原され、周囲の地山層(黒褐色土)を削った土で築かれている。旧来「土塔」と言われ、国分寺に関係を有するものとされてきたが、2度に及ぶ発掘調査の結果、中世(14・15世紀)において種々の祈願の成就を得るために、作法に則り本尊に対し祈祷をするために築かれた修法壇跡で、伝祥応寺との関係を有するものと推考される。/鉄道拡張工事に伴う第1次調査(1969)では、下層より平安時代竪穴住居跡2軒、盛土内より明銭(洪武通宝、1368年初鋳)1枚、頂部に主体部と思われる粘土敷き硬化面、その付近より梅瓶型瀬戸灰釉瓶子1点や素焼きの土師質土器細片数点などが出土している。」

黄檗宗黒金山祥応寺は享保2・1717年に再興されて国分寺市本多4丁目に存在するが、鎌倉時代中期に開山したという前身の伝祥応寺跡は、伝鎌倉街道を挟んでこの塚の西側段丘面上に認められる。
塚に関して、高さ3丈(約9m)めぐり50歩(約27m)の数字は復原とは符合しないけれども、その位置は『武蔵野地名考』に記された府中からの行程に合致するのである。
段丘崖近く、下位面を見下ろし同時に広大な空と昼夜の諸天体に対した中世の祈祷場は、近世には富士見や月見といった風流遊山の場に移行したと考えることは、あながち的外れではないであろう。

ここにも「広大」にして「見遥かす」武蔵野が展開していた。
造園で見かけ上の奥行きをつくりだす技法としてvista(通景)があり、その例は新宿御苑でも見ることができる。
そうした演出法とは対照的に、国分寺崖線という一定以上の比高と延長をもった自然地形つまり段丘崖が、「武蔵野」の条件のひとつである水平に開けた広大な遠望性を保証していることは留意されてよいのである。

20200108104835_00001.jpg

上図は『武蔵国分尼寺跡Ⅰ』(1994)からp.43「第29図 武蔵国分僧寺・尼寺全体図」の一部で、左下の尼坊北に★を追加し、「塚跡」を示した。
等高線の束は国分寺崖線で上(北)が上位段丘面、北に向かう細長い陥入部は「伝鎌倉街道」である。

collegio

『武蔵野』の古地図 その8

繰り返すが、国木田の作品『武蔵野』(雑誌掲載時のタイトルは「今の武蔵野」)の冒頭は「「武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり」と自分は文政年間に出来た地図で見た事がある」であった。
本項その7のA-2、B-2およびその3の該当写真を見てわかるように、それは地図に書き込まれた「武蔵野」の説明の末尾なのである。
以下に聖心女子大学図書館所蔵「東都近郊図」初版本であらためてその全体を掲げるが、該当部分は図の左端中程、図中央を頭向きにして書かれた一帯である。

ctt.jpg

この部分の向きを起こして、拡大したのが次の画像である。

ctt_edited-1.jpg

これを見て判然とするのは、この書き込み部は「武蔵野」「神田上水」「六郷渡」3項の頭に〇を付けて見出しを並列させていたということである。
それが改版以降見出しと本文との間のアキをなくした結果、「武蔵野」は見出しと本文の区別がつかなくなり、いきなり本文からはじまる体裁に変化したのである(その7のA-2、B-2およびその3の該当写真)。ちなみに「神田上水」および「六郷渡」の2項は、文政13年の改版ではやや微妙ではあるものの、見出しと本文との間にはアキが残されている。

つまりその3で読み下した「武蔵野地名考に曰く、上世武蔵野の原と称せし地は十郡に跨り・・・」は、本来は「〇武蔵野 地名考に曰く、・・・」なのであった。
この場合「地名考」とは「武蔵野地名考」であるからとくに文意に支障はないものの、この変化は注意されてよい。
そうして国木田独歩は「地名」ないし「地名考」の考証にとくに注意を払うことなくむしろそこをショートカットし、しかも「武蔵野の跡」ではなく、「武蔵野の俤」を求めたのであった。

同じ文政年間の図でも、書き込みには「〇武蔵野 地名考に曰く、・・・」(初版)と「〇武蔵野地名考に曰く、・・・」(改版)の違いがある。さて、独歩が目にしたのはどちらの文言だったか。

collegio

2020年賀

2020nenga1.jpg

collegio

『武蔵野』の古地図 その7

この3版を比較してみよう。
まずは刊記から、以下文政8年版(A)と同13年版(B)を並べてみる。
A-1
cch2.jpg
B-1
cch1.jpg

文政13年版の刊記はもちろん版を彫り改めてはいるが、内容としては変化なく、改版年記を加えただけである。

これらと本項その3で示した弘化4年図(C)の刊記をくらべると、例言の内容に変化はないものの、刊年改記だけでなく、刊記末尾の記載が「東都 仲田之善著」の著作者名から「東都 馬喰町二丁目 菊屋幸三郎」と、おそらくは版元名に転じているのがわかる。
しかし本稿で重要なのは刊記ではなく、独歩が注目・記憶していた地図への書き込み部分である。
A-2
ct2jpg.jpg
B-2
ct1.jpg

上が文政8年図、下が同13年図のものである。
刊記同様、彫版を改めてはいるものの記載内容に変化はない。
しかしその3で示した弘化4年図(C)の場合、文はそのままで表記を大きく変えている。
いわゆる片仮名から平仮名へ、そして今言う変体仮名を用いているのである。

独歩が記憶あるいはメモしていたもう一箇所についてはどうだろうか。
A-3
ct2.jpg
B-3
ct1_edited-1.jpg

この場合も弘化4年図(C)は仮名表記を変えてはいるが、3版とも文の内容に変化はない。

結論として言えるのは、独歩が見た文政年間の地図が初版図であったか改版図であったかはわからないが、初版、改版の文政年刊地図の内容に変化はほとんど見られないから、それが「東都近郊図」であったという事実だけは間違いない、ということである。
『武蔵野をよむ』の著者の場合、図名の見当はついていたものの版の特定ができないために「さだかではない」と資料名をわざとスルーしたというケースも、もちろん考えられる。
しかし「(文政年間に)刊行された地図のいずれかであるが、さだかには確認されていない」という書き方は、地図調査自体を「スルー」したとしか読めない。

さてしかし、古地図ないし地図における「武蔵野」の問題は、実はここからはじまるのである。

国木田独歩は「武蔵野」という言葉が指示するものごとを、つきつめては考えなかった節がある。否、むしろ後述のように、地理的あるいは地図的にも、独歩の「武蔵野」は恣意的でひとりよがりである。はっきり言ってしまえば、彼の「武蔵野」は妄想なのである。
妄想が不適切ならば、虚構と言い換えてもよい。
そうしてその虚構は、また位相を変えて現代に受け継がれ、われわれは虚構に拘束されていると言っていい。

collegio

『武蔵野』の古地図 その6

「東都近郊全図」刊記は以下の通りである。

c2.JPG

読み下し「凡(およそ)山川隹麗ノ處ニ游ンコトヲ好者ハ、画圖ニ在ラズンハ其方位ヲ知コト能ハス。今茲ニ制シタル圖タルヤ、予カ経暦目撃スル所ヲ記シ画圖ニ作リ、名付テ東都近郊全図ト云、同游ノ輩ニ与フ。郊外ニ游フ者コレニ依ル時ハ教導ヲ乞ハズシテ可ナラン。尤(もっとも)村邑ノ前後錯亂其序ヲミダス、誤字假名違ヒ、堂社川陸ノ方位其所在頗ル差謬多カルベシ。看者是ヲ許スベシ。復タ道ヲ適コト数十里ニ至ラス、累日ナラヅシテ游覧ヲ旨トス故ニ刊整ヲ成シ、諸好事家二傳フ。弘化元年甲辰十二月十五日 (凡例) 此圖ハ三十六丁ヲ以テ行程一里トナシ曲尺一寸六分ヲ以テ一里ニ當ツ。コンパスヲ一寸六分ニヒラキ我コゝロサス処ヨリアテゝ歩セ見ル時ハ其里数ヲ得ヘシ。依テ図中ニ里程ヲシルサズ。下谷御成道 紙屋徳八版」

「東都近郊全図」(以下「全図」)と「東都近郊図」(以下「近郊図」)の刊記とくらべると、「全図」はパターン踏襲だが冗漫で誤字も含み、図をより大きく広範囲にし記載項目を増やしなどしていることも、後出し類版の典型と見受けられる。
実は「近郊図」の初版は文政8・1825年、「全図」(弘化元年)の19年前なのである。
そもそも「近郊図」は、出版としては「あたった」ようで古地図として伝存例もすくなくない。

デジタル公開されている「近郊図」には、国立国会図書館本、東京都中央図書館本、聖心女子大学図書館本の3例が見つかるが、前二者は文政13年の改版本で、聖心女子大学図書館蔵が同8年の初版本である。
デジタル公開こそされていないものの、既述の小金井市教育委員会所蔵本も初版であった。
これに山下和正所蔵本を加えると、「近郊図」は少なくとも1825年(文政8)、1830年(同13)、1847年(弘化4)の3回にわたって改版、刊行されていたことになる。

collegio

『武蔵野』の古地図 その5

ここで山下和正コレクションの一部である当該地図の全体を概観しておこう。
大型本の見開きに収められてはいるものの、原図自体は573×778㎜(紙寸)の大きさである。

edited-48.jpg

図の脇に添えた山下氏の解説は「江戸近郊図は幕末に大小10種類近く刊行された。この図の墨刷単彩版(天保13年・1842、中村氏版)は数種類の版が刊行されているが、多色刷は珍しい。江戸市民は日帰りか、せいぜい1・2泊で花見、釣り、寺社参りなどの行楽のためよく郊外へ出掛けた。江戸近郊図はこのような行楽のための案内図で、「江戸近郊名勝一覧之図」(弘化4年、三河屋甚助・三河屋善兵衛版)と題した美しい多色刷図には、小金井の桜並木図などが描かれている」とする。

江戸期からそうだったのであろう「柳の下に泥鰌六匹」とは日本の出版界の常套句で、これが売れるとなったら類本がどっと出まわる。
タイトルまで紛らわしいものも少なくない。
当該図にも「東都近郊全図」と、「全」の字を加えた類本が存在する。
愛知県西尾市の岩瀬文庫所蔵本がデジタル公開されているので、それを見てみよう。
まずは全体図であるが、書誌データには「69.2/92.7」 とあるから「東都近郊図」よりひとまわり以上大きい。
そうして刊年は弘化元年、1844年である。

c3.jpg

collegio

『武蔵野』の古地図 その4

ところで、独歩の『武蔵野』の冒頭の鍵括弧引用は以下のようにさらにつづくのであった。

そしてその地図に入間郡「小手指原久米川は古戦場なり太平記元弘三年五月十一日源平小手指原にて戦うこと一日がうちに三十余たび日暮れは平家三里退きて久米川に陣を取る明れば源氏久米川の陣へ押寄せると載せたるはこのあたりなるべし」と書きこんであるのを読んだことがある。

これに該当する地図の書き込みは以下の通りである。

zz1.jpg

読み下し「小手指原久米川は古戦場なり。太平記、元弘三年五月十一日源平小手指原にて戦ふ事一日が内に三十余度、日暮れば平家三里退て久米川に陣を取る、明れば源氏久米川の陣へ押寄せる、と載たるは此あたりなるべし」。

これまた原文と独歩の引用は細部異なるが、独歩が見、メモまでしていたのであろう地図はこの図の異版すなわち文政年刊図とは、誰しも推量するのが自然である。
なお、ここで源平の戦いになぞらえられているのは、北条氏が平家に連なり、新田氏が源氏の裔であるためで、そもそもは北条氏の監視下におかれていた源氏の遺児頼朝と、北条政子の「若さ」に端を発していたのである。

collegio

『武蔵野』の古地図 その3

筆者が最初にこれが『武蔵野』の古地図かと思ったのは、前述のように山下和正氏の本(『地図で読む江戸時代』1998)の編集に際して下掲のような書き込みを見つけたためだが(以下、画像は同書から)、それは独歩の言う「文政年間にできた地図」ではなく、弘化4年(1847)の年記をもつものであったため、当座は疑問のままとしていたのである。

z1.jpg

読み下し「武蔵野地名考に曰く、上世武蔵野の原と称せし地は十郡に跨り、西は秩父嶺東は海浜に至り、北は川越南は向が岡都築が岡に連なると記せり。そもそも武蔵野は数百里の平原にして日光万里玉川に及び富士の嶺を照し、無双の勝景なりしと言。承応年中玉川上水武蔵野を通せしより、農民水利の便りを得て年々開発し田畑ひらけ或は林木密比せり。元文の頃に至り新田四拾余村となりて、武蔵野の跡は今纔に入間郡に残れり」。

読み下し文の2行目にある「向が岡」は文京区本郷のそれではなく、川崎市に複数残された向丘ないし向ヶ丘(むかいがおか)と記す地名で、大方には小田急線駅名向ケ丘遊園で名を知られるエリアを指すと思われる。
そうして、末文の「武蔵野の跡は今纔に入間郡に残れり」と独歩の『武蔵野』の冒頭「武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり」は、たしかに「わずかに」だが異なっていることに気づかれるだろう。

「東都近郊図」と題簽に記されたこの図の刊記は、以下の通りである。

z2.jpg

読み下し「此図は江戸を中として、東は小金舟橋、南は羽田神奈川、西は府中日野、北は大宮岩槻を限り、山川原野神社仏寺名所古跡の類、数日を費やさずして遊覧すべきものを図して、遊行をこのむ者の便とす。元是大概をしるせし図なれば、堂社の方位川流の広狭其の真景を得ず。小社或は用水の如きに至ては略せしものあり。観者宜しく斟酌すべし。弘化四年丁未年。東都 馬喰町 菊屋幸三郎」。

弘化4年とは文政年間よりも十数年以上後である。
しかしそこには十数年ほどの径庭しかないとも言えるのである。

20191219145125_000011.jpg

小社発行『Collegio』は2005年8月、A4判1枚両面刷り三折簡易型出版PRリーフレット誌として月刊で出発し、2008年春32号より四六判中綴じの季刊メッセージ小冊誌に変更、この体裁で約10年間継続してきましたが、このたび発行の第72号・終刊特別号をもって一区切りとすることにしました。

総目次は当ホームページにも掲載しています。
バックナンバーは欠けているものも少なくありませんが、お問い合わせには応じます。
上掲は終刊特別号の付録とした「武蔵野とその周辺の主な縄文遺跡」図です。
この図については、同号安孫子昭二氏執筆解説をお読みいただければ幸いです。
なおこの図の画像解像度は、印刷物よりもかなり粗くしていることをお断わりしておきます。

collegio

『武蔵野』の古地図 その2

国木田独歩が見た古地図について報じたメディアの嚆矢は、1965年6月21日の「朝日新聞」東京版と思われる。
「文学散歩」シリーズの執筆者として知られる野田宇太郎氏の談話が主体で、同年8月9日の「日経新聞」(夕刊)にはその考証を主体とした簡略記事が掲載されている。

asahi1965.jpg

逆に、もっとも近年の出版物は、2009年3月に刊行された『小金井市史 資料編 小金井桜』で、その80‐81ページに小金井市教育委員会が所蔵する「東都近郊図」(文政8年)を紹介し、「解説文の「武蔵野ノ跡ハ今纔ニ入間郡ニ残レリ」は国木田独歩が『武蔵野』の冒頭で引用する有名な文章である。」と記している。
この「東都近郊図」の現物は、十数年前小金井市の「浴恩館」跡の資料館(現小金井市文化財センター)に展示してあり、「独歩の地図」と気付いた時のちょっとした興奮はいまも思い出される。今回その刊行年を確認しに出向いたところ、展示替えで見ることができなかった。そのため文化財センターの展示担当者に問い合わせた結果、小金井市史の記載も併せて回答があったのである。

新聞報道と市史の間に位置して、『武蔵野』の古地図についてもっとも詳細な発表物は、雑誌『地理』1978年11月号に当時獨協大学教授であった井荻村生まれ東京文理科大学(後の東京教育大学)系の地理学者矢嶋仁吉(やじまにきち)が書いた「国木田独歩の『武蔵野』と文政版『東都近郊図』について」(pp.33-44)である。

こうした情報を下地にしたのであろう、学研の大型ビジュアルシリーズ「明治の古典」は、その第7巻『武蔵野 平凡』(1982年、篠田一志編)の16‐17ページにカラー図版「東都近郊図」を掲げ、「「武蔵野」の冒頭にでてくる文政年間発行の地図「東都図(ママ)」(部分)。文政八年乙酉上梓、同十三年庚寅改正とある。(国立国会図書館蔵)」とキャプションを付した。

「さだかには確認されていない」どころではないのである。

« Prev - Next »