Archive for 7月, 2021

collegio

武蔵野地図学序説 その3

角川文化振興財団の季刊誌『武蔵野樹林』No.7(2021.7.5)掲載の拙稿連載5ページのうち、2ページを掲げる。
いつも刊行後に気付く誤植が一箇所。
誰の目をもスルーしていた。

もっとも原稿段階でこうなっていたのだろうから、責任は著者の私にしかないのだが。

20210724121309_000012.jpg

雑誌の特集は、夏休みの子ども向け所沢市舞台映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」である。
しかしながらもっとも怖くて怪しい存在は、いま生身で「脳」を働かせ、うごめいている人間とその手下の「システム」にほかならない。

collegio

自転車道

都内最長の直線道路について2020年4月13日の本欄で触れたが、今回はその一部について。

edited-86.jpg

このGoogleMapは今日の「サイクリング」のルートを表したものだが、このうち西武新宿線花小金井駅南東から、境浄水場手前、都道253号多摩自転車道スタート地点までの約2.7キロメートルが、都内最長直線道路(都道253号、別名多摩湖自転車道、21.9キロメートル)の一部である。そこから先は近衛文麿が命名したという「井ノ頭通り」となる。
図の最北端の鋭角から東南に下り、「武蔵野大」の武の文字下あたりまでの直線が自転車道で、石神井川とクロスする谷地部には例の「馬の背」の土手がほぼ水平に走る。土手上は舗装なし、自転車はその脇付舗装道をVの字状にダウン・アップして行く。

下の写真はその「馬の背」道。覆い被さるのはエノキの葉で、私はこの喬木を「100年エノキ」と言っている。拡大すると右下に石神井川の谷底を横断する自転車用舗装道路がはっきり見える。

img_5771.jpg

地下に自然流下式の水道本管が埋設されているため、重量のある自動車やバイクは走行禁止でつまりは自転車道となった。境浄水場への通水は1924年(T13)だからもうすぐ敷設100年となる。
動力車侵入阻止の柵と走ったり歩いたりしている人が結構多いのが小うるさいが、それがなければ昨今はカラフルなロードバイクやクロスバイクの連中が我物顔に走行する「競輪道路」となっていたろう。

国分寺駅から吉祥寺駅までの変則路往復26.6キロメートルの一部には玉川上水や野川の左岸に沿うルートも含まれ、これらがもたらす運動と気分転換の効果はすくなくない。もちろんわが車は電動ではなく、外装7段変速も前かご後ろ荷台付26インチのママチャリである。
GoogleMapの「58分」はどのように計算されているのかわからないが、私の脚で片道65分ほど。新小金井街道の貫井トンネルは国分寺崖線越えの急傾斜で上りは押し歩きせざるを得ない。谷地の凹部を横断するダウン・アップは上記「馬の背」のほかに、小金井ゴルフ場(GoogleMap「江戸東京たてもの園」の「園」のところ)の石神井川谷頭部、そして仙川谷頭も通過するから都合3ヵ所。ステンレスボトル(水道水にローズマリーの小枝をぶち込んである)の水分補給のため木陰のベンチも利用するし、信号もある。走りっぱなしというわけにはいかない。
わざわざ「へ」の字に遠回りせず、中央線のすぐ北に沿う「一」の字ルートをとればアップダウンもなく片道40分以下で済むが、それは冬場向き。
この時期は緑陰と樹木の香りを味わうために、「へ」の字走行するのである。

吉祥寺での新旧書店や喫茶をめぐる時間も併せれば、自転車行のできるここしばらくが人生贅沢の極みなのかも知れない。

collegio

追悼中山ラビ

20210708174231_00001.jpg

ラビさんは私より1歳くらい年長かと思っていたら同年だった。
一度だけ新宿でライブを聴いた(ブルース・ナイト)が、細い体でよくあれだけの声量があるものだと感心した。
客席の通路で遭遇して、互いにハイタッチしたとき、「結構歌うまいね」と言ったら怒られた。

高校生だったとき、最後のクラスに梅津和時君がいた。
東京で再会したときはすでに「ドクトル梅津」で、ラビさんのライブでは大概彼がサックスを担当していたようだ。
ラビさんと彼を共に舞台に見られる「ラビ組」のライブチケットを2度ほど買ったが、結局時間がなく行かずじまいだった。

私の住むマンションの1階のラビさんのお店「ほんやら洞」は、4日間臨時休業の後で再開した。
上の色紙は、ダイヤモンドヤスリで彫った我流の消しゴムハンコを押したものだが、昨日お店に持参した。
お店を継いだ、ラビさんの息子一平君宛である。

0211.jpg

国分寺駅南口(当時は跨線橋口)から3分のここ国分寺マンションが竣工したのは1969年7月で、その1階の東角店舗スペースに早川正洋が京都に倣って「ほんやら洞」を開業したのは1975年。外装に煉瓦とツタを配し、内装を重厚な木調とした素敵なカフェであった。
2年後の3月3日、早川に代わって中山ラビが煉瓦とツタの店のオーナーとなった。爾来44年、「国分寺文化の象徴」(2017年10月2日放映NHK BSプレミアム「Tokyoディープ」)とまで言われた店を、いや単に店舗のみならず「街の景観」そのものを、維持してきたのはシンガーソングライター中山ラビの手腕と人柄であった。
拙著にちなんだ私の仇名「ガケ博士」の名づけ親もラビさんだった。
ラビがとりわけ執心せざるを得なかったのは「ツタ」であった。マンション住人の一部から「虫が湧くからツタを伐れ」と言われつづけたのである。しかし逆にツタの這う煉瓦が身近だからこそここに住むという人も、1人や2人ではないのである。
写真は「ほんやら洞」店内から2020年8月11日撮影。向い側は「都立殿ヶ谷戸庭園」、通りは国分寺駅南口から東京経済大学に向かう坂道である。この時、ラビさんが1年たらずで亡くなるとは夢にも思っていなかった。「うたかた」である。

ところで、句会などでは「七夕」は初秋の季語だから7月7日には使えないという意見が出る場合がある。「たなばたや秋をさだむる夜のはじめ」(芭蕉)はもちろん旧暦下の話。
近代の七夕句でよく知られたものに「七夕や髪濡れしまま人に逢ふ」(多佳子)や清瀬に句碑が立つ「七夕竹借命の文字隠れなし」(波郷)があるが、前者がわざわざ旧暦をチェックして出掛けたり、結核療養所が8月に笹竹を立てたりしていたわけではないだろう。暦とそれに伴う季節感は、1872年(M5)に切り替わってすでに140年を過ぎた。わが母は七夕、1983年7月7日の誕生日に満60歳で亡くなった(「母擦サスることなく死にす七夕」『天軆地圖』)。
季語がなければ俳句でないとか、季語は旧暦に従うというのは虚構の花園ゲームに等しい。俳句が短詩として自立できなければ滅びるだけである。中山ラビが72歳で亡くなったのは7月4日、現行暦七夕の「すこし前」であった。
和歌の空間(歌枕)と時間(季節・季語)の虚構から抜け出し、短歌が俗世リアリティの世界を獲得して久しい。俳句の季語イデオロギー墨守は、気候変動以前からすでにナンセンスに転じているのである。