滅びゆく水の都江戸・東京 ―甦るか水路と橋

滅びゆく水の都 書影

滅びゆく水の都江戸・東京 ―甦るか水路と橋
岩井是道/著
ISBN978-4-902695-19-9

〈水の都〉であった、江戸・東京の記憶をさぐり、世界に冠たる
水上都市ヴェネチアまで足をのばし、東京に残された水路と橋
の現状をみつめなおす

目次

目次
カラー口絵(凞代照覧〈部分〉ほか)
まえがき
第1章 江戸のなりたち
水陸交通要衝の地であった江戸
江戸城修築に先立つ輸送路の開削
水路・橋・道路など都市基盤整備
江戸の町には頻繁に火事が発生
日本橋大通りの活気とにぎわい
ヨーロッパ人の見た日本橋界隈
第2章 江戸の水路と橋がたどった運命
海の埋立てと水路・橋の整備
小説家の見た水路と橋
大震災と戦禍と高速道路
中央区に現存する水路と橋
日本橋川と橋の惨めな姿
地域を分断する高速道路
歴史と文化を軽視する日本
第3章 明治23年の水の都東京
4月21日、曇り
4月22日、曇り
4月25日、昨夜から暴風雨
4月26日、曇りのち晴れ
4月28日、曇り
4月29日、雨
4月30日、晴れのち曇り
5月4日、雨
5月6日、晴れのち曇り
第4章 水の都の町づくりを支えた橋
都市の顔、シンボルとなる橋
勝鬨橋、永代橋、吾妻橋
柳橋、豊海橋、南高橋
日本橋、常磐橋、三吉橋
万年橋、扇橋閘門、荒川ロックゲート
ヨーロッパの都市の橋
第5章 水の都ヴェネツィアの旅
11月28日深夜
11月29日午前、曇り時々晴れ
11月29日午後、曇りのち晴れ
11月30日、快晴
12月1日、快晴
12月2日、うす曇り
12月3日、うす曇り
12月4日、快晴
第6章 いま水の都は甦るのか
自動車中心から人間中心のまちへ
都心に必要な開放的スペース
都市直下型大地震への備え
都心の高速道路撤去への挑戦
地道な取り組みの積み重ね
三環状道路の整備状況はどうなのか
ロードプライシングの導入
舟運事業復活へのプロセス
水の都江戸・東京の再生への提案
第7章 不可能を可能にした人たち
横浜の実践的なまちづくりをした人
水郷柳川の復活に心血をそそいた人
強力なリーダーシップでソウル改造
類まれなる資質をもった人物の出現
あとがき
資料提供・所蔵者一覧
掲載図作成・参考文献

岩井是道/著
四六判162ページ 
本体価格1000円+税・送料(150円)
ISBN978-4-902695-19-9

ご注文