collegio

「崖線」と「三日月湖」

「タモリ倶楽部」再び(2月27日金曜日深夜0:15~)

「季刊Collegio」がまだ「月刊Collegio」だった2007年6月、「生きている『池霊』」という寄稿がありました(第23号、田中正大執筆)。《場所と記憶》を標榜する小誌にまことにふさわしい内容で、鮮やかなイメージを刻む記事でした。

先般またまた「タモリ倶楽部」からお声が掛り、今度は「国分寺崖線」特集だと。

当方はJR中央線国分寺駅前、「国分寺崖線」を利用してつくられた旧岩崎の別荘「都立殿ヶ谷戸庭園」の目の前を事務所兼自宅(標高約70m)としているものだから、そのことを知ってのお誘いかと思ったらそうではなかった。単にアイツなら何かオモシロイことになるかも、という程度らしい。ロケ地も世田谷区域の成城から等々力渓谷に至る国分寺崖線(標高約40m)という。

場所は大方スタッフが調べていて、「ほかに適当なロケ地がありますか」というので、思い出したのは、上述の世田谷も野毛にある国分寺崖線直下の河跡湖(三日月湖)「明神池」跡。
埋立てられた湖跡は昭和35年ころには住宅地となった。頻々と火事も起こる。夢枕に龍神が立つ。土地の人々は浄財を持ち寄って祠をつくる。そうしてその祠と由来を記した看板が現在も住宅地を貫く緑道のすみにひっそりと佇むことになった(世田谷区野毛三丁目17番9号)。

ロケ中に、祠のお向かいの家の方が庭先から声を掛けてきて、「そりゃあきれいな水だった。潜ると、底からブクブクと水が噴き出しているんだな。水泳も覚えたし、魚もいろいろ獲った・・・」と。「崖線」に湧水は付きもので、それが湖を維持してもいたのでした。

傍らを流れる多摩川に堤防がつくられる以前、この湖から見る光景はいかさま神秘的であったかと思われます。多聞、夕陽の方角にはシルエットの富士も見えたのでしょう。

龍神とはまさしくゲニウス・ラクスGenius Lacus(このラテン語表記は文法的に保証のかぎりにあらず。ゲニウス・ロキGenius Lociのもじり)、それは人々の生まれ育った場所に関する記憶の象徴であり、一方、日本の多くの神がそうであるように、祠は人間の腕力行為に伴う罪障感が形を変えたものだったのです。

ところで「崖線」という言葉は、どんな国語辞典を探しても見出しに出てこない。地学辞典、地理学辞典、地形学辞典の用語としても存在しない。これは普通名詞ではなく、「国分寺崖線」と「府中崖線」にかぎって、接尾辞的に出現する特殊な語。「崖」も、厳密には傾斜角70度以上を言い、それ以外はせいぜいが急斜面。独立した言葉として(「街宣」「外線」「凱旋」はあっても)「崖線」は存在しない。さらに、厳密な定義を適用すると、「崖」としてもほとんど存在しないということに気がついたのでした。

ついでに言うと、「桃栗3年、崖10万年」というのは当日のオープニングに出る看板の文字ですが、「崖8万年」が正しい。スタッフに言ったのですがそのまま。これは言い訳です。

『帝都地形図』から、国分寺崖線と明神池

図は、小社刊『帝都地形図』第6集から、「玉川」図幅(昭和14年3月測図)の一部。国分寺崖線がこれほど明瞭にわかる地図(等高線間隔2尺:約60cm)も珍しいでしょう(画像をクリックすると拡大します)。

明神池が崖裾からわき出る湧水で涵養されています。崖下には花卉栽培の温室農園も。現在等々力渓谷に架かる橋に「ゴルフ橋」というのがありますが、大塚山古墳の周辺がゴルフ場だったのですね。現在、東急大井町線の地下化計画で帯水層の切断が心配されている等々力渓谷はこのすぐ右(東)側。

13 Responses to “「崖線」と「三日月湖」”

  1. こまon 28 2月 2009 at 2:05:04

    はじめまして。番組拝見させていただきました。
    石神井の回も大変おもしろかったのですが、今回また芳賀さんがご出演
    されているのを見て、このページまでたどり着いてしまいました…。
    私はとくに古地図好きではないのですが、みなさんが楽しそうに散策されて
    いる姿が、とても魅力的で…。
    自力でいろいろ調べるほどの気力と能力はないのですが、詳しい人に
    話を聞きながら、マニアックな散策をしてみたい気分になります。

  2. collegioon 28 2月 2009 at 18:01:35

    TVに出た後はいつも、ああ言えばよかった、こうしたらよかったと後悔ばかりしています。
    また、放映されるのは、準備してきた、あるいは言いたかったことのほんの一部かあるいは側面か、です。
    でも、お声が掛かればまた出ます。
    ホモ・ルーデンスであり、同時にホモ・ムーベンスであることはこの上ない楽しみです。
    番組の予習には膨大に時間もとられ、まったく割にあわないのですが、思考の移動空間と思っています。
    コメントありがとうございました。

  3. kaivoon 01 3月 2009 at 5:16:19

    タモリ倶楽部拝見いたしました。
    前回の石神井川の回と同様に興味深く、地図好きとして非常にソソラレルものがあります。世田谷に三日月湖があったなんて初めて知ってワクワクしました。
    国分寺崖線には学生時代の思い出があり、当時三鷹から府中まで自転車で通っていて、途中必ずハケを通らねばならず忌々しかったこと、なんとかハケを避ける方法はないものかといろんなルートを試し、地形図で不可能だと悟ったこと、など思い出しました。
    現在千葉県民の身ですが、たまにはハケのあたりを散策しに行ってみようと思います。

  4. iGaon 01 3月 2009 at 11:26:27

    今回は川好きonnaさんから事前に情報を戴いていたので手元に川の地図辞典や明治14年の地形図とか置いて見てました。

    ネットで調べていたら旧建設省関東地方建設局京浜工事事務所と財団法人河川環境管理財団による「多摩川誌」を紹介したサイトがあり、そこの『図 2.4.12 世田谷区における湧水の集水域』に成城三丁目緑地の湧水が示されていました。

    三日月湖は荒川流域の板橋区にはありますが世田谷にもあったのですね。そういえば世田谷と川崎にまたがる地名の野毛や等々力は多摩川下流域が蛇行していた頃の名残でしょうか。荒川流域が明治の地図であんなに蛇行していたのですから、多摩川も江戸時代に蛇行していても不思議ではないですよね。きっと川崎の等々力緑地にも三日月湖があったのでしょうね。堤防工事も治水だけと云うよりも、それに伴う土地開発による利権の旨味が…見え隠れしますね。

  5. collegioon 02 3月 2009 at 7:23:43

    そうでした。埼京線浮間舟渡駅のすぐ北にある浮間ヶ池は河跡湖でした。2年ほど前、知人の野辺送りで荒川土手の舟渡斎場に行った帰り、茫然として水面を眺めていたことがありました。
    丁寧に調べてみれば、東京にも三日月湖はまだまだみつかりそうですね。

  6. komaon 16 3月 2009 at 3:57:43

    再び失礼致します。
    数年前、玉川あたりを自転車で散策していたとき、あの三日月湖の
    段差部分を通りかかったことがあります。
    自転車だっただけに、「なんでこんなところに意味不明な段差が???!」
    と訝しく思いながら、そこをつきつめようとは思い至らなかったのですが、
    なるほど、意味はあったのですね…。
    思いがけず、あの段差の謎を知ることができたのもうれしかったです。
    「河岸段丘」や「崖線」という言葉もはじめて知りましたし。
    ぜひまた、タモリ倶楽部さんでお話うかがえるとうれしいです。^^

  7. collegioon 20 3月 2009 at 17:12:24

    タモリ倶楽部の次回のご要望は江川達也氏前々からのご提案で、「三田用水」だそうです。と言っても、いつも急な話で・・・。ロケは月末。当方これから「予習」。放映は4月末でしょう。お散歩にはいい時期かも知れませんが・・・

  8. きむらたかし@三田用水on 21 3月 2009 at 22:34:10

    芳賀様の切り口での三田用水探訪、とっても期待しております。

    それはさておき、帝都地形図中にみえる野毛大塚古墳。
    等々力ゴルフ場の真ん中にあったために、宅地化の洗礼を長く逃れていたおかげで、今の保存復元につながっていることがよくわかります(そうでなければ、ご近所の狐塚古墳みたいに、残ってはいても無残な状態になってしまっていたでしょう)。

    沖縄のヤンバルの森も、アメリカ海兵隊の訓練地として接収されているために、当地や本土のハゲタカどもによる「開発」なるものから逃れ、自然林や野生動物たちが保存されている面もあり、世の中、結構皮肉なことも多いです。

  9. komaon 23 3月 2009 at 3:27:13

    次回の情報、ありがとうございます! 楽しみです!
    先日、念願の等々力渓谷に行ってまいりました。
    タモリ倶楽部の皆さんのようなマニアックな見方ができないのが
    残念なところでもありますが、貴重な景観を楽しんできました。
    桃栗3年、崖8万年…の言葉を思い出しながら…。
    神保町にはよく行くので、今度、岩波ブックセンターさんに行って
    みようかと思っております…。

  10. iGaon 29 3月 2009 at 12:06:08

    次回のタモリ倶楽部・川好きotoko「三田用水」も楽しみにしてます。
    私たちJEDIは昨日は十条から赤羽台地、岩淵水門まで歩きました。
    途中、稲付谷の北耕地川の川跡を谷頭までトレース、川の地図辞典がなければ、あれが石神井川の分流とは気付きませんです。
    改めて「川の地図辞典」に感謝です。

  11. collegioon 29 3月 2009 at 23:56:54

    昨日今日と日本地理学会2009年春期学術大会が帝京大学で行われましたが、そのなかのひとつのシンポジウムに参加して、国土地理院の地形図がデジタルに切り替わる、つまり紙地図が無くなるということを確認しました。当面基本図である1:25000の更新は続けるようですが、この4月から1:10000、1:50000の予算は「ゼロ」。1:25000にしてもいつまで続くか保証はありません。こちらとしては、「紙の遺産」を活かす仕事を続けますが、遺産そのものが物的に保障されない時代に突入したことを痛感しました。

  12. 韓国 水着on 02 8月 2013 at 20:24:29

    メンズ水着 花柄

  13. 水着 大きいサイズ ビキニon 02 8月 2013 at 20:24:45

    メンズ水着上

Comments RSS

Leave a Reply